トランプ氏、討論会に合わせ演説

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は12日、東部メリーランド州ボルティモアで開かれた与党共和党の会合で、野党民主党が来年の大統領選に向けて開催した候補者討論会の開始時間に合わせて演説した。あえて日程をぶつけることで、国民の注目を民主党からそらす狙いがあったとみられる。

 トランプ氏は、民主党討論会がテレビ局主催であることなどから「民主党とメディアはまるで一体だ。(自分をおとしめようと)共謀し妨害している」と批判を繰り広げた。

 トランプ陣営は討論会後の声明で「民主党の『大きな政府』による社会主義は不法移民に無料の医療保険を提供し、増税につながる」と主張した。

PR

PR

注目のテーマ