ビンラディン容疑者の息子を殺害

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は14日、国際テロ組織アルカイダ指導者の故ウサマ・ビンラディン容疑者の息子で、国際テロリストに指定していたハムザ容疑者をテロ掃討作戦で殺害したとする声明を発表した。

 殺害の時期や具体的な場所は明らかにしていない。場所は「アフガニスタン、パキスタン地域」としている。

 ハムザ容疑者は、さまざまなテロリスト集団の計画に携わっていたとされる。声明は「アルカイダの重要な指導能力や父との象徴的なつながりを奪い、活動を大きく弱めることになる」としている。

 ハムザ容疑者の死亡情報は7月末に米メディアが米当局者の話として報じていた。

PR

PR

注目のテーマ