【現代生活へのお茶の提案】福岡から発信するお茶ブランド「心福茶 (シンフーチャ)」が開店1ヶ月企画を開催。

PR TIMES 福台商事株式会社

クラウドファンディングサイトMakuakeでのプロジェクトも公開初日で目標達成
日本有数のお茶どころ九州のお茶と世界的に有名なお茶どころ台湾のお茶を中心に提案。九州初のナイトロティーやデザートティーなどのカジュアルなアプローチも。

店舗入り口

福岡からインバウンドとアウトバウンドのブランディング/マーケティングを中心に日本とアジア諸国を繋ぐ事業を行う福台商事株式会社 (本社:福岡県福岡市 /代表取締役 頼本 衛) が新規事業として福岡から発信するお茶のブランド「心福茶 (シンフーチャ)」を立ち上げ、8月23日に福岡市内の警固エリアに店舗「心福茶実験室 (シンフーチャジッケンシツ)」をオープンした。
心福茶で扱うお茶は、日本茶と台湾茶。
日本茶は、鹿児島・福岡・佐賀など日本でも有数のお茶どころを抱え、生産するお茶の種類も豊富な九州のお茶と世界的に需要が多く供給量が追いつかなくなっており、なかなか手に入らない100%台湾産のお茶を扱う。
商社を通さずに製茶師、コーヒーで言うところのロースター/ブレンダーにあたる方と協業し、プロの目線から農家を厳選し茶を買付・製造。確かな品質の茶を提案・提供していく。

店舗オープン前からクラウドファンディングサイト「Makuake」にてプロジェクトを開始しプロジェクト公開初日で目標額を達成した。

「Makuake」プロジェクト:http://makuake.com/project/xinfucha
1Fカウンター

オープン前日のレセプションイベントには、福岡市市長の高島氏の代理として父・晋一郎氏や日本国内で台湾の大使館・領事館にあたる台北駐日経済文化代表処の福岡分処所長 陳 忠正氏をはじめ、台湾貿易センター福岡所長、タイガーエア台湾COOなど福岡と台湾に関係するさまざま方々や地元メディアの方々が来店した。

九州初のナイトロティー

店舗「心福茶実験室」では、1階がテイクアウト専門のティースタンド、2階が茶葉の販売やワークショップを行うスペースとなっている。
1階のスタンドでは、通常の淹れ方だけではなく、屋号の通りお茶に対してさまざまな実験的なアプローチを行いメニュー開発・提供。2階では、お茶に興味を持った方がより深く知ってもらえる場にしている。
オリジナル商品も開発・販売

一般的にお茶を提案・提供するスタンドやお店では、茶道・煎茶道や強調されすぎた文化やストーリー、コンセプトを押し出すか、抹茶などの海外に人気のアレンジドリンクを中心としたカジュアルすぎるドリンクを提供するスタイルに偏りがちで、お茶に興味はあるがいまひとつ取っつきづらい現状がある。
心福茶実験室では、お客さまのために一杯一杯丁寧に淹れるハンドドリップコーヒーのスタンドのように、カジュアルでありながらもしっかりと丁寧にお茶を提供。
店舗も茶を販売しているという雰囲気をあえて打ち出さないようにし、先入観なく生活の中にお茶を取り入れてもらえるように提案。



そんな心福茶実験室では開店1ヶ月の企画として、台湾現地のお茶屋でも手に入れることが難しいコンテスト受賞の茶葉の飲み比べ企画を実施予定。茶の産地として有名な阿里山の高山烏龍茶のコンテストで2018年秋冬と2019年春夏に受賞した茶2種を飲み比べてもらう。
台湾の茶のコンテストは製茶技術を競うものであり、流通用の製品とは別にコンテスト用に極小ロットで手間暇かけて製茶する。受賞した茶は一斤(600g)1万円以上の値が付き、上顧客や友人など、その製茶師とコネクションがないとなかなか手に入らない。
そのようなコンテスト入賞の阿里山烏龍茶を、開店1ヶ月企画として完全予約制でお一人1,000円にて飲み比べてもらう会を開催。

滅多にない機会のため、台湾茶好きにもまだ台湾茶をきちんと飲んだことのない人もこの機会をお見逃しなく。

【コンテスト受賞茶2種飲み比べ】

阿里山高山茶 [青心烏龍茶] 2種
2018年秋冬 金質奨
2019年春夏 優等奨
飲み比べ (茶菓子つき)

9月21日(金) ~ 23日(月・祝) 3日間
11:00~ / 14:00~ / 17:00~
各回定員6名 予約制
お一人 1,000円 (税別)

TEL: 092-406-7655
Email: hello@xinfucha.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR

注目のテーマ