サウジ攻撃は「戦争行為」

共同通信

 【ワシントン、カイロ共同】サウジアラビアの石油施設への攻撃を受け、同国を訪れたポンペオ米国務長官は18日、同行記者団に、イランによる攻撃だったと再び名指しで批判し「サウジに対する直接の戦争行為だ」と主張した。国連の専門家は調査のためサウジへ出発。米政権は「48時間以内」にイラン追加制裁を発表する方針で、緊張がさらに高まりそうだ。

 18日にイランへの制裁強化方針を表明したトランプ大統領はロサンゼルスで記者団に、48時間以内に制裁を発表すると説明。今後のイラン対応については「戦争は究極の選択肢だが、それ以下の選択肢も多くある」と強調し、慎重な姿勢を示した。

PR

PR

注目のテーマ