加州の車排ガス規制撤廃へ

共同通信

 米西部カリフォルニア州サクラメントで記者会見するニューサム知事(左)=18日(ゲッティ=共同) 拡大

 米西部カリフォルニア州サクラメントで記者会見するニューサム知事(左)=18日(ゲッティ=共同)

 【ワシントン、ロサンゼルス共同】トランプ米大統領は18日、西部カリフォルニア州が独自に自動車の排出ガス基準を設ける権限を取り消す方針をツイッターで正式に表明した。来年の大統領選をにらみ産業優先の姿勢をアピールする狙いだが、大気汚染や地球温暖化対策を重視し厳しい基準を維持したい同州は反発している。

 民主党の牙城であるカリフォルニア州は、さまざまな政策で政権と対立。トランプ氏は来年の大統領選に向け、民主党との違いを改めて鮮明にしている。

 ニューサム州知事は18日の記者会見で、政権の対応は州への「攻撃だ」と激しく非難、司法の場で徹底的に争う構えを強調した。

PR

PR

注目のテーマ