イラン、攻撃疑惑の否定に全力

共同通信

 【テヘラン共同】サウジアラビア東部の石油施設攻撃を巡り、イランのザリフ外相は19日放映の米CNNとのインタビューで、米国やサウジが打ち出すイラン犯行説を改めて否定した。イランは疑惑を徹底して否定する方針で、サウジ国防省が発表した無人機の破片など、イラン関与を示す「証拠」にも取り合わない構えだ。

 イランは、サウジ主導の連合軍と戦うイエメンの親イラン勢力フーシ派が攻撃を実行したと主張。高官らは「侵略と市民殺りくに、イエメン人が正当な反撃を加えた」(最高安全保障会議の事務局長)との訴えを繰り返している。

PR

PR

注目のテーマ