核五大国、「条約に署名しない」

共同通信

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)年次総会で、米英仏ロ中の核保有五大国は19日、核兵器は非人道的として使用や保有を違法とする核兵器禁止条約について連名で意見を表明、IAEAは議論の場として適切ではないとした上で「同条約には署名しないし、縛られることもない」と強調した。

 同条約は120以上の国が支持し2017年に国連で採択、26カ国が既に批准し発効要件の半数を超えた。五大国は、核軍縮を促す多数の非核国との協調を軽視する姿勢を露骨に示した形で、核拡散防止の国際規範がさらに弱まる懸念もある。

 IAEA最大の任務は核拡散防止条約(NPT)に基づく監視だ。

PR

PR

注目のテーマ