紀平、次戦での4回転挑戦に意欲

共同通信

 フィギュアスケート女子で、カナダで開催されたオータム・クラシックで優勝、今季初戦を飾った17歳の紀平梨花(関大KFSC)が20日、関西空港に帰国して取材に応じ、次戦のジャパン・オープン(10月5日・さいたまスーパーアリーナ)での4回転サルコー挑戦に意欲を示した。「入れていけるように今から詰めて練習し始められたら」と話した。

 リンクの状態によるとしたが、練習での完成度も上がっているという。オータム・クラシックの後にはカナダのトロントで、ショートプログラム(SP)を振り付けたシェイリン・ボーンさんと会って手直しを行い「流れのあるステップに変わった」と話した。

PR

PR

注目のテーマ