アジア卓球、張本が準決勝敗退

共同通信

 卓球のアジア選手権は22日、インドネシアのジョクジャカルタで行われ、男子シングルス準決勝で張本智和(木下グループ)は世界ランキング1位の許キン(中国)に0―3でストレート負けした。女子ダブルス準決勝では平野美宇(日本生命)石川佳純(全農)組が1―3で、芝田沙季、佐藤瞳組(ミキハウス)は0―3でいずれも中国ペアに敗れた。(共同)

PR

PR

注目のテーマ