首相、感染症対策への援助を強化

共同通信

 【ニューヨーク共同】安倍晋三首相は23日(日本時間24日)、米ニューヨークの国連本部で開催された、全ての人が適切に医療を受けられる「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)」推進に関する首脳級会合で演説し、エボラ出血熱など感染症対策への援助を強化する考えを示した。

 感染症について「多くの人を犠牲にし、社会経済的損失を生んでいる」と指摘。途上国へのワクチン普及を目指す国際組織「Gaviワクチンアライアンス」(スイス・ジュネーブ)などに資金を拠出し、活動を支援するとした。

PR

PR

注目のテーマ