日米閣僚、貿易協定に合意

共同通信

 【ニューヨーク共同】日米両政府は23日午後(日本時間24日午前)、米ニューヨークで貿易交渉の閣僚協議を開いた。終了後に記者会見した茂木敏充外相は「日米貿易交渉は全て終了した。(首脳会談で)良いセレモニーができる」と述べ、閣僚間で貿易協定に合意したことを明らかにした。25日に予定されている日米首脳会談で最終合意し、文書に署名する方針だ。共同声明も公表する。

 茂木氏は米国による自動車の追加関税について「心配するような内容にはならない」と述べ、発動しないことを共同声明に明記する方針を示した。また数量規制を実施しないことも盛り込まれる見通しだ。

PR

PR

注目のテーマ