JPXの東商取引所TOB成立

共同通信

 日本取引所グループ(JPX)は25日、東京商品取引所に対する株式公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。10月1日付で約97%の株式を取得し、連結子会社化する。証券や商品先物を幅広く扱う総合取引所の実現が確定的になった。

 8月1日~9月24日を期間とするTOBを行い、東商取の株主である商品先物業者などからの応募数が目標を上回った。今後は速やかに追加の手続きで残りの株式を全て取得し、完全子会社化する。買収額は約55億円。政府の規制改革推進会議が昨年秋に総合取引所構想の実現に向けた対応を求め、今年3月にJPXと東商取は統合で基本合意した。

PR

PR

注目のテーマ