日銀、予防的緩和の必要性指摘

共同通信

 日銀は25日、7月29、30日に開いた金融政策決定会合の議事要旨を公表した。複数の委員が米中貿易摩擦に加え、欧米の中央銀行が金融緩和姿勢を強めていることを背景に円高圧力が物価の下振れリスクを高めていると指摘し、予防的な金融緩和の必要性を指摘していたことが分かった。

 こうした議論を踏まえ、日銀はこの会合で物価上昇の勢いが損なわれる恐れが高まる場合は、ちゅうちょなく追加的な緩和策を講じることを決めた。

 予防的な対応を求める理由として、ある委員は「消費税率引き上げや市場の急変に対し、政策が後手に回らないよう十分な警戒が必要である」と述べた。

PR

PR

注目のテーマ