紅葉が移ろう秋のディナーコース。食とデジタルアートを融合した唯一無二の食空間『MoonFlower Sagaya Ginza, Art by teamLab』

PR TIMES 株式会社ナチュラルフーズ

9月から11月まで移りゆく紅葉を楽しむ事が出来ます。12月は冬のデジタルアートに
http://www.youtube.com/watch?v=AyuDxBVSfuQ

MoonFlower Sagaya Ginza, Art by teamLabとは
ブランド和牛、佐賀牛と季節の料理を提供する「Sagaya銀座」と、世界で活躍するウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」とのコラボレーションによる食空間『MoonFlower Sagaya Ginza, Art by teamLab』

「賞翫(しょうがん)・寵愛(ちょうあい)することをたとえたもの」の意味を持つ言葉「月花」から名づけられた『MoonFlower』は、チームラボが製作したインタラクティブな空間「世界は解き放たれ、そして連なっていく」が常設展示されている8席のレストラン。
料理と器の世界が拡がり、季節の花木が移ろうアート
食とアートが融合するこの空間では、器から繰り広げられ、季節が移りゆく花木のインタラクティブなデジタルアートと旬の食材を用いた料理をお愉しみ頂けます。 透き通るような白磁の美しさと、繊細で華やかな絵付が特徴の有田焼。400年以上伝承される技術を活かし、器に描かれた四季折々の花木が解き放たれ、空間全体に拡がっていく。春は「満開の桜」、夏は「泳ぎだす鮎と蓮」、秋は「紅葉するモミジ」、冬は「椿と梅」等、日本ならではの季節の風景の移ろいを春夏秋冬をテーマに、月ごとに展開します。今までにない新しい食体験をどうぞお愉しみください。

秋夜に輝く黄金の満月とススキ



MoonFlowerの料理とは
・日本の季節の移ろいを感じる事ができる料理
・文化を大切にし、伝統工芸と料理、デジタルアートとの融合
・生産者と連携し、旬の食材を産地より直送
・佐賀牛の美味しさを伝える
・国内外の調理法を用い、現代的な料理を作る
・ワイン、日本酒と料理のマリアージュを愉しむ

二十四節気の時の流れの食材で料理が変わり、コース内容も毎月ごとにリニューアルします。

月花コース 9月の内容 全12品
・フォアグラと柿・あんぽ柿のアミューズ
・佐賀牛ヒレ肉とホタテの昆布締め、唐津産塩水赤雲丹
・牡丹海老と百合根のフラン
・戻り鰹の藁焼き
・カサゴとモン・サン・ミッシェル産ムール貝のムクラード風
・佐賀牛のカツサンド
・佐賀牛サーロインのすき焼き仕立て
・比内地鶏とすっぽんのラビオリ
・佐賀牛ヒレ肉のグリルとポルチーニ茸のリゾット
・生麩とチーズの最中
・巨峰コンポートと島胡椒のジェラート、枯葉のチュイールを添えて
・嬉野玉露茶と茶菓子
※仕入れによりメニュー内容の変更ある場合がございます。

フォアグラと柿・あんぽ柿のアミューズ
唐津産塩水赤ウニとヒレ肉・ホタテの昆布締めのユッケ仕立て
戻り鰹の藁焼きナスアンチョビ添え
カサゴとモンサンミッシェルのムール貝のムクラード風
佐賀牛ヒレ肉のグリルとポルチーニ茸のリゾットとトリュフ
巨峰コンポートと島胡椒のジェラート、枯葉のチュイールを添えて

■名称 MoonFlower Sagaya Ginza, Art by teamLab

■所在地:東京都中央区銀座2-5-19 PUZZLE銀座6F 佐賀牛 Sagaya銀座 同フロア
■TEL:03-6263-0782
■Webサイト:http://moonflower-sagaya.com
■email:info@sagaya-ginza.com

■月花コース お一人様料理 12品 ¥30,000 税別
■開始時間 19時 一斉開始 (18:50までにご来店ください。)
■昼の部  12時30分開始(1週間前までのご予約で貸切のみのご利用になります。)
■人数 最大8名様まで。すべてのお客様が同じテーブルでのご利用になります。
■貸切 6名様以上で貸切をご希望のお客様。月花コースのご予約で貸切料金無くご利用になれます。5名様以下で貸切をご希望のお客様はご飲食代の合計料金として最低保障 ¥200,000を頂きます。
■貸切時間 貸切の開始時間は17:30~20:30でご指定ください。
■年齢 18才未満の方は保護者同伴で貸切のみ入場可とさせていただきます。
■その他 完全予約制。サービス料10%を頂いております。

■Facebook:https://www.facebook.com/moonflower.sagaya/
■Instagram:https://www.instagram.com/moonflower.sagaya/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR

注目のテーマ