海面上昇1メートル強、氷河激減

共同通信

 地球温暖化が進むと今世紀末に海面が1メートル強上昇し、世界の氷河は40%以上失われる恐れがあるとする特別報告書を、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が25日、公表した。生態系に深刻な被害が生じ、高潮や巨大台風による災害リスクが増すと警告した。

 IPCCは「温暖化抑制のためエネルギーや土地利用といった社会のあらゆる面で変革が必要だ」と指摘、来年に本格始動するパリ協定の下で温室効果ガス排出を迅速に減らす必要性を強調した。

 特別報告書によると、海面の高さはこの100年ほどで最大21センチ上昇した。南極などの氷が解けて上昇のペースが加速している。

PR

PR

注目のテーマ