「日韓経済人会議」が閉幕

共同通信

 【ソウル共同】日韓の企業トップらがソウルで開いた「日韓経済人会議」が25日、両国の経済界が民間レベルで交流や協力を継続し、悪化している日韓関係の改善につなげる決意を盛り込んだ共同声明を採択し、閉幕した。政治と外交関係の修復が経済関係の維持、発展のためには不可欠との認識も共有した。

 終了後に記者会見した日韓経済協会の佐々木幹夫会長(三菱商事特別顧問)は「これまで築いてきた経済関係を損ねないよう、日本政府にもバックアップを要請する」と述べた。一方、韓国側の韓日経済協会の金ユン会長は「経済人が政治や外交に直接関与するのは難しい」と指摘した。

PR

PR

注目のテーマ