イラン「米制裁下の交渉拒否」

共同通信

 【ニューヨーク共同】イランのロウハニ大統領は25日、国連総会の一般討論演説で「制裁を科されたまま交渉することは拒否する」と述べ、米国が制裁を解除しない限り交渉しないとの従来の立場を繰り返した。トランプ大統領は制裁解除はないと明言しており、米国の急な政策転換がなければ国連総会に合わせた米イラン首脳会談の実現は絶望的になった。

 ロウハニ師は演説で、トランプ政権がイランに対話を呼び掛けたことを念頭に「歴史上、最も厳しい制裁を科すと唱えている者から対話に招かれても、信じられない」と強調。「対話を始める道を開くには、制裁を解除せよ」と呼び掛けた。

PR

PR

注目のテーマ