液化天然ガスの開発へ1兆円用意

共同通信

 菅原一秀経済産業相は26日、液化天然ガス(LNG)の採掘施設などの開発を支援するため、官民で1兆円規模の資金を用意すると表明した。石油と比べ、生産地の地域的な偏りが小さいLNGの供給拡大を促すことで、エネルギーの中東依存の低減を目指す。

 26日に東京都内で開かれたLNGの生産国と消費国の政府や企業の関係者が集まる「LNG産消会議」でスピーチした。菅原氏は「新しい供給源とアジアの需要を結び付け、LNG市場の発展を先導する」と述べた。

 会議には生産国のオーストラリアやブルネイ、消費量の増加が見込まれるフィリピンやベトナムの閣僚らが参加した。

PR

PR

注目のテーマ