疑惑「隠蔽」とトランプ政権非難

共同通信

 【ワシントン共同】米民主党のペロシ下院議長は26日、ホワイトハウス高官がトランプ大統領とウクライナのゼレンスキー大統領の電話会談記録を特別なサーバーに移したとの内部告発者による指摘について「(疑惑の)隠蔽だ」と非難した。電話会談は、民主党が弾劾訴追手続きを始めたトランプ氏の対ウクライナ圧力疑惑の根幹部分と位置付けられている。

 米情報機関の関係者による内部告発は26日、下院情報特別委員会が内容を公表したが、告発者は明らかにしていない。ニューヨーク・タイムズ紙は同日、告発者はホワイトハウスで勤務経験のある中央情報局(CIA)の職員だと伝えた。

PR

PR

注目のテーマ