台湾で香港の民主化支援デモ

共同通信

 【台北共同】台湾の人権団体などは29日、台北市で、香港の「逃亡犯条例」改正案を巡る対立を発端に普通選挙など「五大要求」の実現を求めて抗議活動を続ける香港住民を応援するデモ行進を実施し、若者や家族連れら主催者発表で約10万人が参加した。主催者によると、日本を含む20カ国で同様のデモが計画され、東京でも29日に行われた。

 黒色の服を着た参加者らは大雨の中、「光復香港(香港を取り戻せ)」「台湾は香港とともに」などのシュプレヒコールを上げ、「反全体主義」など中国を批判するプラカードを掲げて中心街を行進。中国が主張する台湾に対する「一国二制度」への反対も訴えた。

PR

PR

注目のテーマ