米中閣僚級貿易協議に期待感

共同通信

 【北京共同】中国の王受文商務次官は29日に北京で開いた記者会見で、10月に米ワシントンで予定している米中の閣僚級貿易協議に劉鶴副首相が出席すると明らかにし「理性的な姿勢で対立点を解消したい」と期待感を示した。

 王氏は9月19、20日にワシントンで開いた次官級の協議を「とても建設的だった」と評価。閣僚級協議に関しても「互いに利益が得られる解決方法を探し出すことは、両国の人々にとって良いことだ」と強調した。

 王氏は閣僚級協議を10月1日の国慶節(建国記念日)が過ぎた後に行うと説明。中国で大型連休が明ける10月8日以降に実施するとみられる。

PR

PR

注目のテーマ