副大統領の車29億円で落札

共同通信

 スイスで29日、赤道ギニアのヌゲマオビアンマング副大統領から差し押さえたランボルギーニなどのスーパーカー25台が競売に掛けられ、計約2700万スイスフラン(約29億円)で落札された。ロイター通信などが報じた。収益は赤道ギニアの貧困層支援に使われるという。

 ヌゲマオビアンマング氏は、赤道ギニアで1979年からアフリカ最長政権を維持するヌゲマ大統領の息子。スイス検察がマネーロンダリング(資金洗浄)や公金横領の疑いで捜査し、2016年に車を差し押さえていた。

 25台にはフェラーリやアストン・マーチン、ブガッティなどの高級車が含まれる。(共同)

PR

PR

注目のテーマ