宮崎県の地域商社が農林水産省「INACOME」参画。スマート農業で農村地域に新たなビジネス創出へ

PR TIMES 一般財団法人 こゆ地域づくり推進機構

~プラットフォーム利用者とスマート農業ベンチャー、地元農家とのマッチングを加速。自生大農業の担い手育成にも貢献~
一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(宮崎県児湯郡新富町、代表理事:齋藤潤一、以下こゆ財団という)は、農林水産省のWeb起業支援プラットフォーム「INACOME」に参画。プラットフォームを利用する起業人材について、スマート農業分野におけるビジネスマッチングや起業支援を2019年10月1日からスタートします。 こゆ財団ではスマート農業ベンチャーの集積地「新富アグリバレー」(2019年10月末開設予定)に人材と技術・ノウハウを集積する計画で、「INACOME」利用者にとっても事業化を進める理想的な環境になります。 こゆ財団では「INACOME」参画を通じて、Society5.0の実現に向けたスマート農業の担い手育成を加速。持続可能な地域経済を確立します。

こゆ財団はWeb起業支援プラットフォーム「INACOME」に参画。利用者のうちスマート農業に関する人材の起業支援やスマート農業ベンチャー、地元農家らとのマッチングを支援します。

■特徴:起業人材の連携やビジネスプランの磨き上げを強力に支援

「INACOME(イナカム)」は、農山漁村地域の起業者同士の連携を促進するために開設されたWeb起業支援プラットフォームです。

*農林水産省の起業促進プラットフォーム
「INACOME」(イナカム)

http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/190926.html

プラットフォーム内では、起業者同士の情報交換をはじめ、ビジネスプランに関する専門家への個別相談、起業に役立つ情報などが入手できます。

こゆ財団は「INACOME」を利用する起業人材を受け入れ、宮崎県新富町に集うスマート農業関連のベンチャーおよび人材との情報交換やマッチングを実施。ビジネスプランの磨き上げ、地域事業者や地元ビジネスキーパーソンとの円滑な連携を強力に推進します。

また、現在も進行中のスマート農業関連イベントを通じて、起業人材のPRや客観的な事業評価を得る機会も用意します。

*こゆ財団が受け入れる人材のイメージ
◎農業に関連するビジネスで起業を希望する人材(既に起業している者を含む)
◎農業に関する起業支援団体、起業経験者、資金提供者、地方自治体
◎農業に関する起業者とのパートナーシップを通じた経営発展や、承継を通じた解題解決を目指す地域事業者など
こゆ財団は、地元農家とスマート農業ベンチャー、学生、起業家らとのマッチングを促進。農業の課題解決につながる新しい技術の研究開発を加速します。

■背景:起業相談や資金調達といった起業人材が抱える課題を解決

農林水産省では「INACOME」の開設にあたり、平成30年度に、10名の起業者の方へのアクセラレーションプログラムの提供等を通じて、農山漁村地域において起業を行うに当たっての具体的な課題の抽出や、解決の方向性を明らかにしました。

それによると、農山漁村地域には未活用の資源が豊富に存在している一方、プログラムに参加した起業家からは「地元では資金調達や起業の相談相手がいない」「閉鎖的な地域性で新しいことをやりにくい」といった課題が明らかになりました。

新富町では、2019年10月にスマート農業の推進拠点「新富アグリバレー」が開設予定です。こゆ財団は、スマート農業ベンチャーや地元農家、学生らと連携し、AIやロボットを活用した農業の課題解決につながる商品・サービスを創出します。

こゆ財団はこの機会を通じ、「INACOME」の利用者にスマート農業ベンチャーや地元農家らとの情報共有、マッチングの機会を提供。資金調達や起業に関する相談、地域でのスモールスタートをサポートします。

◎新富アグリバレー https://agri-valley.jp/

*関連プレスリリース
Society5.0の実現に向けたスマートアグリの集積地「新富アグリバレー」プロジェクトが始動

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000134.000028395.html
こゆ財団が毎月東京で開催しているスマート農業関連イベントには多数の来場者が参加。次世代農業への高い関心が示されています。
■今後の展望:スマート農業の集積地で次世代農業の担い手となる人材を育成

こゆ財団は、2019年11月10日(日)に、新富町をスマート農業の集積地とするプロジェクトのキックオフイベントとして「新富アグリバレーサミット2019」を開催します。

ここではスマート農業ベンチャー、農業関連機関のキーマンが最新の技術や知見に関してビジネスプレゼンテーションを行います。

◎「新富アグリバレーサミット2019」
日時:2019年11月10日(日)10時~17時
会場:新富アグリバレー(宮崎県新富町/2019年10月末オープン予定)
内容:全国の有力なスマート農業ベンチャーによるプレゼンテーションほか
料金:無料
申込:https://shintomi-agri-valley.peatix.com/
【問】こゆ財団 TEL:0983-32-1082

こゆ財団では「INACOME」を通じた起業人材の支援について、「新富アグリバレー」に集積するスマート農業ベンチャーや地元農家の協力を得ながら推進し、次世代農業の担い手となる人材育成につなげていきます。
<2019年9月「日経MJ」1面掲載|ふるさと納税寄附額を2年間で約5倍に伸ばした地域商社「こゆ財団」>
2017年4月に宮崎県児湯郡新富町が旧観光協会を法人化して設立した地域商社です。「世界一チャレンジしやすいまち」というビジョンのもと、1粒1,000円のライチに代表される農産物のブランディングを通じて『特産品販売』を行い、得られた利益で『人財育成』に投資しています。ふるさと納税では、設立前の2016年度が4.3億円だった寄附額を、2017年度に9.3億円、2018年度には19億円まで伸ばすことに成功しました。

*メディア掲載事例:日経MJ/日経新聞/月刊事業構想/月刊ソトコト/Forbes JAPAN ほか

法人名:一般財団法人こゆ地域づくり推進機構
所在地:宮崎県児湯郡新富町富田東2-1-1 チャレンジフィールド
代 表:代表理事 齋藤 潤一
▶︎こゆ財団HP https://koyu.miyazaki.jp
▶︎こゆ財団FB https://www.facebook.com/koyu.miyazaki/
▶︎こゆ財団人材育成事業サイト https://koyu.academy/
▶︎新富町ふるさと納税ページ(ふるさとチョイス)https://www.furusato-tax.jp/city/product/45402
▶︎新富町観光情報サイト https://koyu.media/
▶︎新富町移住情報サイト https://koyu.in/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR

注目のテーマ