主要企業、採用内定が解禁

共同通信

 2020年春に入社する大学生らへの採用内定が1日、主要企業で正式に解禁され、各地で内定式が開かれた。

 就職情報会社「マイナビ」(東京)の調査によると、8月末時点の大学生と大学院生の内定率は82・6%。人手不足を背景に売り手市場が続いている。

 大学生らの就職活動は、3月1日が会社説明会、6月1日が採用選考でそれぞれ解禁。経団連が指針で定めている日程に沿って進められてきた。一方、優秀な人材を確保しようと採用を前倒しする企業は多く、経団連は18年秋、形骸化を理由に廃止を決定。来年は政府がこの日程ルールを主導する。

PR

PR

注目のテーマ