八村塁NBA1年目で先発獲得へ

共同通信

 【ワシントン共同】米プロバスケットボールのNBAで日本選手が所属する3チームが1日(日本時間2日)からキャンプに入る。9月30日は取材対応などを行う「メディアデー」が実施され、ウィザーズのドラフト1巡目新人、八村塁は本拠地ワシントンのチーム施設で会見し「スタメンかそうじゃないかはあまり気にしない。チームを助けたいというのが目標」と語った。

 現状で先発5人のうちブルックス監督の構想が固まっているのは昨季1試合平均25・6得点のビールと、センターのブライアントだけ。同監督は八村を「リバウンドが取れるし、ボールも運べる。可能性を感じている」と高く評価した。

PR

PR

注目のテーマ