4~5日に米朝協議で合意と発表

共同通信

 【北京共同】北朝鮮の崔善姫第1外務次官は1日、談話を出し、米朝が4日に予備接触、5日に実務協議を行うことで合意したと発表した。朝鮮中央通信が伝えた。場所は明らかにしていない。非核化や米朝関係改善が議題となる見通しだ。

 談話は「今回の実務協議を通じて朝米関係の肯定的発展が加速することを期待する」とした。

 崔氏は9月9日、同月下旬にも実務協議に応じる用意があると表明していた。ただ、トランプ米政権に対して、膠着打開に向けた「新たな計算法」を示すよう迫り、一方的な核放棄には応じない姿勢を明確にしている。

PR

PR

注目のテーマ