薬品虚偽広告の報告窓口を設置

共同通信

 厚生労働省は1日、医師の処方が必要な医療用医薬品で法律違反の疑いがある虚偽・誇大広告について、医療機関から報告を受け付ける窓口を設置した。従来は選定した医療機関からのみ情報を集めていたが今後は全医療機関から受け付ける。

 厚労省によると、対象は製薬会社のホームページや専門誌に掲載された広告。国が承認していない効能が記載されるなど問題があるケースを報告してもらう。法律違反と判断されれば自治体と連携して行政指導する。

 虚偽・誇大広告の監視は製薬大手ノバルティスファーマの降圧剤ディオバンを巡る研究論文のデータ改ざん事件などを受けて2016年度に始まった。

PR

PR

注目のテーマ