国民投票法は今国会改正を

共同通信

 自民党の二階俊博、公明党の斉藤鉄夫両幹事長は2日、東京都内で会談し、憲法改正手続きを定めた国民投票法の改正案を4日召集の臨時国会で成立させる方針を確認した。同席した自民党の森山裕国対委員長は記者団に「憲法審査会に付託し、かなりの時間が経過した」と指摘、野党の理解に努めていくと強調した。

 立憲民主党など野党は、法案審議に先立ち国民投票時のCM規制を議論するよう求めている。森山氏は「国民投票法は一つの法案として付託されている。それはそれで結論を出してもらわないといけない」と述べ、改正案の審議を先行させる考えを示した。

PR

PR

注目のテーマ