フェニックス・シーガイア・リゾート『レタールーム』が「2019年度グッドデザイン賞」を受賞

PR TIMES フェニックスリゾート株式会社

フェニックス・シーガイア・リゾート(以下シーガイア/宮崎県宮崎市:代表取締役 社長執行役員 松永裕文)の『レタールーム』が、このたび2019年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

レタールームは、2016年8月1日にシェラトン・グランデ・オーシャンリゾート2階の宿泊者専用ラウンジ「風待ちテラス」内にオープン。シーガイアのあふれる魅力を表現した多彩なポストカードや、万年筆や特別な色鉛筆などの上質なツールが揃い、大切な誰かに旅の思い出を手紙で残し、伝えていただく事ができます。

SNS全盛の今だからこそ、“手紙”の持つ魅力を体感いただける場として好評をいただいており、これまでに38,000通を超える手紙が投函されています。




グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」に出展
本年10月31日(木)から5日間にわたり、東京ミッドタウンで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」において、レタールームが特別展示で紹介されます。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2019 – 2019年度グッドデザイン賞受賞展 –
会期:10月31日(木)~11月4日(月・祝)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
http://www.g-mark.org/gde2019/

グッドデザイン賞とは



1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。


■レタールームについて
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート2階の宿泊者専用ラウンジ「風待ちテラス」の一番奥に位置する“レタールーム”。英国調の落ち着いた内装に、シーガイアのあふれる魅力を表現した多彩なポストカードが揃い、万年筆や特別な色鉛筆などの上質なツールが揃い、思わず手紙を書きたくなる空間となっています。

場所:シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
    2階「風待ちテラス」内(同ホテル宿泊者専用)
時間:8:00~21:00
・Planning & Produce:オレンジ・アンド・パートナーズ
・Interior Design:ジョージ・クリエイティブ・カンパニー」



<こだわりのツール>
パーカーの万年筆をはじめ、ドイツ・ファーバーカステルの色鉛筆、天然ゴムから作られた大阪・ゴービーのスタンプなど、手紙を書く気持ちが高まる上質なツールをご用意しています。



<手紙をテーマにした本>
英国調の内装のレタールームには、手紙を書くだけでなく“手紙そのもの”に関心や魅力を感じていただけるよう、手紙をテーマにした本が揃い、自由に読むことができます。



<スタッフのおもてなし>
レタールームコンシェルジュ山下茂男が常駐し、手紙を書くお手伝いやお預かりした手紙の管理を。お子様からの人気も絶大で“お手紙やまちゃん”の愛称で親しまれています。



<3つの投函口を備えた特別なポスト>
英国のアンティーク家具をリメイクしたポストには3つの投函口が用意されています。“大切なひとへの手紙”と書かれた投函口に入れると切手代をホテルが負担し郵送。(海外もOK) 旅の思い出を大切な方に伝える事ができ 、“未来への手紙”に投函すれば最長20年間レタールームに保管され、将来の自分や生まれてくるお子様へ手紙など残すことができます。そして“あてのない手紙”に投函された手紙は一定期間レタールームに飾られ、「大きくなったらまたパパとママとここにきたい」とお子様のかわいい字で書かれた手紙や、“本当はあなたと一緒に来たかった” という気持ちが溢れている儚いラブレターなど、様々なストーリーが残されています。


■フェニックス・シーガイア・リゾートについて
太平洋沿いの広大な黒松林に囲まれたフェニックス・シーガイア・リゾート。その中心に位置する「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」は全室東向きのオーシャンビュー。松林の空間に佇む温泉施設「松泉宮」や、アジアン・スパブランドのパイオニア「バンヤンツリー・スパ」、宮崎の恵まれた食をご提供する多彩なレストラン&バーが揃っています。
2017年10月には開業以来最大規模となるリニューアルが完了し、美しく雄大なロケーションと、それをお楽しみいただくための空間演出、そしておもてなし。すべてにおいてこれまでにない、そして宮崎・シーガイアでしか味わえない“体験価値”が揃う『新しいシーガイア』へと進化しました。


<www.seagaia.co.jp>

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR

注目のテーマ