日本全域射程の新型か、北朝鮮

共同通信

 【北京、ソウル共同】北朝鮮が2日、東海岸付近から発射した弾道ミサイルは潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられ、約450キロ飛行した。特殊な軌道で飛距離を抑えたもようで、日米韓の専門家らは、実際の射程は日本全域を攻撃可能な約2千キロに及ぶ恐れがあると分析。過去に発射したSLBM「北極星」(射程千キロ以上)を改良した新型の可能性がある。

 SLBMは発射兆候をつかむのが困難とされ、北朝鮮の能力向上で日韓の安全保障上の脅威が新たに顕在化した。ただ、米CNNは米政府当局者の話として、潜水艦からではなく、沖合の海中に設けた発射台から発射したと報じた。

PR

PR

注目のテーマ