はやぶさ2、小型ロボットを放出

共同通信

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日、探査機はやぶさ2が小惑星りゅうぐうの上空1キロまで接近し、表面に向け小型ロボット「ミネルバ2」を放出したと発表した。

 午前1時ごろはやぶさ2本体から分離、落下を始めた。5日ほどかけてミネルバ2が表面に落ちるまでの様子を観測して、はやぶさ2の小惑星での仕事は全て終わる。11~12月にりゅうぐうを出発、地球到着は2020年末となる。

 ミネルバ2は、昨年9月にりゅうぐうに着陸し画像撮影などを行った2台のロボットと同型で最後の1台。不具合発生により、落下の様子を観察してりゅうぐうの重力を調べるミッションに切り替えた。

PR

PR

注目のテーマ