北朝鮮、新型SLBM試射に成功

共同通信

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、国防科学院が2日午前、東部元山湾水域で新型潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3」型の発射実験を行い、成功したと伝えた。北極星3の発射が確認されたのは初めて。自衛的軍事力を強化したとし、発射は周辺国の安全に影響を与えなかったと主張した。

 一方、非核化などを巡る米朝実務協議で北朝鮮首席代表を務める金明吉巡回大使が3日、平壌から空路、北京に到着した。北朝鮮は1日、米側との予備接触を4日、実務協議を5日に行うと発表。外交筋によるとスウェーデンのストックホルムでの開催を調整しており、金明吉氏は現地に向かうとみられる。

PR

PR

注目のテーマ