東京円、107円台前半

共同通信

 3日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=107円台前半で取引された。一時、106円台後半まで上昇した。

 午前10時現在は前日比64銭円高ドル安の1ドル=107円03~04銭。ユーロは26銭円高ユーロ安の1ユーロ=117円31~32銭。

 1日と2日に発表された米国の経済指標が振るわず、米景気減速への懸念が高まった。相対的に安全な通貨とされる円を買ってドルを売る動きが優勢となった。

 市場では「雇用関連などの米経済指標が相次いで低水準となり、投資家心理が悪化した」(外為ブローカー)との声があった。

PR

PR

注目のテーマ