ロシア、アルコール消費43%減

共同通信

 【モスクワ共同】世界保健機関(WHO)は3日までに、「世界有数の酒豪国とみなされてきた」ロシアで1人当たりのアルコール消費量(2016年)が03年比で43%減少し、平均寿命の飛躍的伸びにつながったとの報告書を発表した。報告書は1日付。ロシアは依然として世界有数のアルコール消費国としつつ、販売制限などプーチン政権の施策を評価した。

 報告書によると、ソ連崩壊で混乱した1990年代前半にロシア男性の平均寿命は57歳まで落ち込み、勤労年齢層の2人に1人の死因がアルコールの過剰摂取に関連しているとされたが、2018年の平均寿命は68歳に上昇した。

PR

PR

注目のテーマ