豚コレラ、ワクチン接種拡大検討

共同通信


                  豚コレラ関係閣僚会議であいさつする菅官房長官(左から2人目)=4日午前、首相官邸
                拡大

豚コレラ関係閣僚会議であいさつする菅官房長官(左から2人目)=4日午前、首相官邸

 江藤拓農相は4日の閣議後の記者会見で、群馬県で豚コレラに感染した疑いがある野生イノシシについて、国の検査で感染が確定した場合、豚にワクチンを接種する「推奨地域」に同県を追加する方向で検討する考えを示した。検査結果が4日夕にも判明するとの見通しも示し、結果を踏まえて「専門家に意見を求めることになる」と述べた。

 農林水産省は、現時点では飼育豚や野生イノシシで感染が確認されている埼玉、富山、石川、福井、長野、岐阜、愛知、三重、滋賀の9県を接種推奨地域とする方針だが、群馬も加われば10県に拡大する。

PR

PR

注目のテーマ