父親「しつけうまくいかず暴力」

共同通信


                  船戸雄大被告
                拡大

船戸雄大被告

 東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛ちゃん=当時(5)=を虐待し死なせたとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親雄大被告(34)は4日、東京地裁(守下実裁判長)の裁判員裁判で、弁護側の質問に「しつけがうまくいかず、怒りが強くなって暴力をするようになった」と述べた。

 雄大被告の説明によると、昨年2月下旬、結愛ちゃんに時計の勉強をするよう指示したのに、布団を出して寝ていたのを見て「なぜ寝ているのか」と詰問。無理やり首をつかんで持ち上げ、風呂場に連れて行って謝れと怒鳴った。

 その後、動けないように馬乗りになり、シャワーで顔に冷水を浴びせた。

PR

PR

注目のテーマ