遺骨取り違えで厚労省が検証開始

共同通信

 戦没者遺骨収集事業を巡るシベリア抑留者の遺骨取り違え問題を受け、加藤勝信厚生労働相は4日の閣議後記者会見で、省内の対応や現地での鑑定方法などに問題がなかったかを検証するチームを設置すると発表した。「ガバナンスが働くようどこを直すべきか指摘をもらいたい」と述べた。

 同省によると、弁護士らによる「調査チーム」と、遺骨鑑定の専門家らによる「専門技術チーム」の2班で編成する。

 調査チームが、取り違えの可能性が指摘された後の担当部署の認識や対応を調査。専門技術チームが、鑑定手続きや判断の在り方を確認する。調査結果はそれぞれ1カ月と年度内にまとめる、としている。

PR

PR

注目のテーマ