大坂、逆転で2年連続4強入り

共同通信


                  女子シングルス準々決勝ビアンカ・アンドレースクと対戦する大坂なおみ=北京(共同)
                拡大

女子シングルス準々決勝ビアンカ・アンドレースクと対戦する大坂なおみ=北京(共同)

 【北京共同】テニスの中国オープンは4日、北京で行われ、女子シングルス準々決勝で第4シードに入った世界ランキング4位の大坂なおみ(日清食品)が全米オープンを初制覇した第5シードのビアンカ・アンドレースク(カナダ)に5―7、6―3、6―4で逆転勝ちし、2年連続でベスト4入りを果たした。

 大坂は5日の準決勝で第16シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と対戦する。

 第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)と第8シードのキキ・ベルテンス(オランダ)が勝ち、準決勝で顔を合わせる。

PR

PR

注目のテーマ