フィギュア、紀平らの日本は2位

共同通信


                  2位になった日本の(左から)島田高志郎、宇野昌磨、紀平梨花、宮原知子=さいたまスーパーアリーナ
                拡大

2位になった日本の(左から)島田高志郎、宇野昌磨、紀平梨花、宮原知子=さいたまスーパーアリーナ


                  演技する宇野昌磨=さいたまスーパーアリーナ

 日本、欧州、北米によるフィギュアスケートのチーム対抗戦、ジャパン・オープンは5日、さいたまスーパーアリーナで行われ、紀平梨花、宮原知子、宇野昌磨、島田高志郎の日本は合計602・16点で2位だった。欧州が614・73点で1位、北米が593・42点で3位。

 各チームの男女2人ずつがフリーを滑って合計点を競い、女子で昨季のグランプリ(GP)ファイナル覇者の紀平は4回転サルコーに挑戦しなかったが、トリプルアクセルを2度成功して144・76点で3位、宮原が134・94点で4位。アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が4度の4回転を着氷して160・53点で1位となった。

PR

PR

注目のテーマ