中朝が国交樹立70年

共同通信

 【平壌、北京共同】中国と北朝鮮は6日、国交樹立から70年を迎えた。新華社電によると、中国の習近平国家主席と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は6日、祝電を交換。習氏は中朝関係が新たな時代に入ったと指摘し「関係発展の促進に努力したい」と強調。金氏も「両国の友好協力関係の全面的な復興」を進める考えを示した。

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は6日「わが人民は今後も中国人民と固く手を握り、地域の平和や安全保障、国の統一などのために闘争していく」とした上で「朝中親善を発展させるために全力を尽くす」と強調した。

PR

PR

注目のテーマ