GPジャンプ、小林陵は4位

共同通信


                  ジャンプ男子GP最終戦で、観客の記念写真の求めに応じる小林陵侑=クリンゲンタール(共同)
                拡大

ジャンプ男子GP最終戦で、観客の記念写真の求めに応じる小林陵侑=クリンゲンタール(共同)

 【クリンゲンタール(ドイツ)共同】ノルディックスキーのグランプリ(GP)ジャンプ男子は5日、ドイツのクリンゲンタールで個人最終戦(ヒルサイズ=HS140メートル)が行われ、昨季のワールドカップ(W杯)個人総合王者、小林陵侑(土屋ホーム)は130メートルの132・3点で4位だった。悪天候のため飛躍は1回のみ実施された。

 竹内択(チームtaku)は9位、佐藤幸椰、佐藤慧一(ともに雪印メグミルク)はそれぞれ11位と32位。中村直幹(東海大札幌ク)は33位、伊藤謙司郎(雪印メグミルク)は47位だった。

 GP総合得点争いでは全8戦に出場した佐藤幸が2位となった。

PR

PR

注目のテーマ