韓国「交渉開始を評価」

共同通信

 【ソウル共同】韓国外務省当局者は6日、北朝鮮の非核化に向けた米朝の実務協議について「直ちに実質的な進展は見られなかった」としつつも「北朝鮮側の新任代表団との交渉が始まったことを評価し、これを契機に対話ムードが続くものと期待する」との立場を記者団に表明した。

 実務協議で示された米朝双方の立場を基に対話が続くよう、韓国政府として米国と緊密に協力していく方針も強調した。

 当局者は、今回の米朝実務協議の前後には米韓担当者が「時差が感じられないほど緊密に協議してきた」と説明し、米韓の結束をアピールした。

PR

PR

注目のテーマ