前統幕長「危機的なら派遣を」

共同通信


                  海洋安全保障に関するシンポジウムで講演する前統合幕僚長の河野克俊氏=6日午後、横浜市
                拡大

海洋安全保障に関するシンポジウムで講演する前統合幕僚長の河野克俊氏=6日午後、横浜市

 防衛省制服組トップの統合幕僚長を4月に退任した河野克俊氏が6日、横浜市内で開かれた海洋安全保障に関するシンポジウムで講演した。中東・ホルムズ海峡への海上自衛隊艦艇の派遣について「現時点では必要ないと思うが、危機的状況になれば日本が絶対にやらなければいけないし、できる時代になった」との考えを示した。

 米国主導の有志連合構想を巡っては「日本のタンカーを守るためには利用した方がいいはずだ」と指摘した。日米とオーストラリア、インドの連携を強調し「4カ国で東南アジア諸国連合(ASEAN)やニュージーランドを引っ張っていくことが地域の平和と安定につながる」と述べた。

PR

PR

注目のテーマ