香港、覆面禁止法で初起訴

共同通信


                  無許可のデモが行われた香港中心部で警察に拘束された男性(奥中央)ら=6日、香港(共同)
                拡大

無許可のデモが行われた香港中心部で警察に拘束された男性(奥中央)ら=6日、香港(共同)


                  大規模デモが行われた香港中心部で警察に連行される人(右から2人目)=6日(共同)

 【香港共同】香港当局は7日までに、九竜半島で行われた無許可の抗議活動に絡み、デモ参加者のマスク着用を禁じる「覆面禁止法」違反の罪で男女計2人を起訴した。5日の法施行後、起訴は初めて。2人は違法集会の罪にも問われている。香港各紙が伝えた。裁判所で7日に審理手続きが行われ、2人は保釈が許可された。

 一部メディアは、6日のデモを巡り警察が同法違反容疑で5人を逮捕したと伝えた。5日には少なくとも13人を逮捕したとされ、5日の逮捕者は20人超に上るとの報道もある。市民の強い反発にもかかわらず、香港政府は過激なデモを力で抑え込む姿勢を改めて鮮明にした。

PR

PR

注目のテーマ