奄美固有クワガタ違法捕獲

共同通信


                  鹿児島県・奄美大島と徳之島の固有種アマミシカクワガタの標本(環境省奄美野生生物保護センター提供)
                拡大

鹿児島県・奄美大島と徳之島の固有種アマミシカクワガタの標本(環境省奄美野生生物保護センター提供)

 世界自然遺産登録を目指す鹿児島県・奄美大島で7月、奄美と同県・徳之島の固有種アマミシカクワガタ数匹を含む昆虫100匹が、違法に設置されたわなにかかり死んでいたことが7日、環境省への取材で分かった。密売目的の可能性があり、県警が自然公園法違反の疑いで捜査している。

 環境省奄美野生生物保護センターによると、7月上旬、動植物を捕獲・採取することが禁止された特別保護地区の山中で、昆虫を光で誘って薬品に落とすわな10個を発見。容器内には、アマミシカクワガタやトンボなど計100匹以上の死骸があった。

PR

PR

注目のテーマ