小田急、次世代移動アプリを開発

共同通信


                  開発されたアプリ「EMot(エモット)」の画面を見せる小田急電鉄の星野晃司社長(中央)ら=7日午後、東京都内
                拡大

開発されたアプリ「EMot(エモット)」の画面を見せる小田急電鉄の星野晃司社長(中央)ら=7日午後、東京都内

 小田急電鉄は7日、鉄道やバス、シェア自転車などを組み合わせた経路検索ができるアプリを開発したと発表した。全国を対象に無料で使える。交通機関や飲食店で利用できる電子チケットも購入可能で、10月末からサービスを始める。

 多くの移動手段を組み合わせて、まとめて提供する次世代サービス「MaaS(マース)」の推進を目指した取り組み。MaaSは欧州で先行しており、日本でも鉄道や航空業界で動きが広がってきた。

 小田急のアプリの名称は「EMot(エモット)」。当初、乗り物の予約や決済は連携するウェブサイトなどで行うが、今後はエモットで一括してできるようにする方針。

PR

PR

注目のテーマ