覆面禁止で起訴の2人保釈

共同通信


                  香港の繁華街モンコックの警察署周辺で若者らに催涙スプレーを向ける警察官=7日(共同)
                拡大

香港の繁華街モンコックの警察署周辺で若者らに催涙スプレーを向ける警察官=7日(共同)

 【香港共同】香港での抗議活動で、デモ参加者のマスク着用を禁じる「覆面禁止法」違反の罪で起訴された男女計2人が7日、保釈された。審理手続きが行われた裁判所には数百人の市民が詰めかけ、5日の同法施行後初めての起訴に抗議し、マスク姿で2人への連帯を示した。

 7日夜も香港各地で同法に反発する市民らが抗議デモを実施。観光客の多い九竜地区の繁華街モンコック(旺角)周辺では警官隊が催涙弾を発砲した。香港メディアによると、別の地域で一部のデモ隊が放火、地下鉄駅を破壊するなど過激化した。多数の拘束者が出ているもようで、混乱が続いている。

PR

PR

注目のテーマ