関電の年内報告は「悠長な話」

共同通信

 菅原一秀経済産業相は8日の閣議後記者会見で、役員らの金品受領問題で関西電力が年内をめどに第三者委員会の報告書をまとめると説明したことに対し、より早期に正確な調査結果を示して経産省へ報告するよう求める考えを示した。「可及的速やかに報告をいただく。『年内』は悠長な話だ」と述べた。

 菅原氏は、関電の対応に対し「『年内』はとんでもない話だ」と批判した。

 一方、大手電力会社など12社に関電と同種の事案がないかどうかの自主点検を求めた結果、7日までに、全社から事案が「ない」と報告を受けたことを明らかにした。

PR

PR

注目のテーマ