東都大学野球、中大が開幕5連勝

共同通信

 東都大学野球リーグ第5週第1日は8日、神宮球場で1回戦1試合が行われ、中大が国学院大を9―7で下し、開幕5連勝とした。

 中大は四回に牧の3点本塁打で先制し、その後も着実に加点した。先発の植田が6回2失点で今季初勝利。国学院大は代打大坪の満塁本塁打などで追い上げたが、序盤の逸機が響いた。

PR

PR

注目のテーマ