全域停電で北海道電力に賠償請求

共同通信

 昨年9月の北海道地震に伴う全域停電(ブラックアウト)で予約のキャンセルが相次ぎ損害を受けたとして「知床第一ホテル」(斜里町)が、北海道電力に約4300万円の損害賠償を求めて札幌地裁に提訴したことが9日、分かった。提訴は8月9日付。

 9日開かれた第1回口頭弁論で、北海道電は請求棄却を求めた。

 訴状によると、ホテルは自家発電設備を備え、震源地からも離れており営業に支障はなかったが、ブラックアウトにより交通機関がまひするなどしたことで大量のキャンセルが生じたと主張。

 キャンセルは昨年9月末までに延べ約3600人で、金額ベースでは前年比約14倍だったとしている。

PR

PR

注目のテーマ